埼玉で水遊びできる所沢航空記念公園は、赤ちゃんから自然を満喫できる子連れおすすめスポット!

埼玉県所沢市にある航空記念公園を知っていますか?

上の子が1歳半の頃から何度か行ったことがあります。

都内からも近く、夏は川遊びもできて、子供を連れて遊ぶには最高のスポットですのでご紹介したいと思います。

(過去数回訪れた情報や写真をまとめてますので、写真の季節バラバラです。ご了承ください。)

所沢航空記念公園の見所

気軽にできる川遊び!じゃぶじゃぶ池とは違う自然を体感

所沢航空記念公園では浅い川があり、5月から11月くらいまで水遊びすることができます。(11月はさすがに寒いですが。)

上流には滝があり、大きい子達が登ったり(ちょっと危ない)して遊んでます。

上流側は日陰が多く、日差しの強い日も木陰で遊べますが、その分水が冷たいです。

地面はコンクリートで、裸足で遊んでる人も多数ですが、石も転がってたり、濡れてるので滑りやすいです。


上流の方が流れが早い(と行っても浅いので小さいお子様でも遊べます)ので、葉っぱを流して遊ぶのが定番。

下流側には、小さい島があります。

この周りは砂利になっていて足がちょっと痛いので、特にサンダルがあると安心です。
さらに下流になると、ほとんど川の流れがなくなりじゃぶじゃぶ池のようになります。
水が流れるのが怖いお子様は下流から慣れるといいかもですが、川底は土でドロドロになりがちです。

子供って本当に水遊びが好きですよね。


じゃぶじゃぶ池や自宅のビニールプールもいいですが、航空記念公園は、浅くて安全な川遊びが気軽にできるので暑い夏に大変おすすめです。

「こども広場」には充実の遊具。小さい子から大きいお兄ちゃん、お姉ちゃんまで兄弟姉妹も安心

航空公園には、1〜12歳を対象としたたくさんの遊具がある「こども広場」があります。

平日は保育園児さん等小さい子さん中心、休日にはちびっこはもちろん小学生の大きいお子様までたくさんの家族連れで賑わいます。

複合遊具や滑り台、ブランコ、砂場、ネットに登ったり、遊具を通して色んな運動を楽しむことができます。

1歳からの特に小さい子を対象としたクッション性のあるエリアもあります。

広い敷地を存分に使ってるので、追いかけるパパママは大変ですが、子供達は皆駆け回ってます。

広〜い敷地内でストライダーやボールなど思いっきり遊べる

航空公園は敷地がとても広いです。
そして広い芝生もたくさんあります。

こちらは子どもの広場や川のすぐ近くです。

バドミントンやボール、フリスビーなど色んな遊具で家族たちが遊んでいます。

我が家の3歳は凧あげが大好きで、思う存分走り回ってました。

赤ちゃん連れもシャボン玉とかで遊んでいます。

航空発祥の地で、本物の飛行機の展示が見られる

子どもの広場や川からは少し離れますが、航空記念公園には本物の飛行機が2台屋外展示されています。

電車でいく場合には、駅を出てすぐの所に全日空の飛行機があります。
公園内に入ると航空発祥記念館という建物があり、その近くにも1台の飛行機が展示されています。
どちらも中に入ることはできませんが、飛行機好きの小さいお子様はとりあえず喜ぶと思います。

また、もっと飛行機が見たいお子様には、有料ですが「航空発祥記念館」があります。
航空の歴史や原理など大人向けの難しい展示もありますが、たくさんの実際に活躍していた飛行機やヘリコプターの展示を見ることができます。
実際の管制塔の様子や、操縦のシュミレーションもできるので退屈しないと思います。

発祥記念館には、カフェやお土産やさん、子ども向け映画の上映もあるので、ちょっと一息つきたい時にもおすすめです。

子連れに優しいカフェレストラン「エコトコファーマーズカフェ」では、地元の美味しい味が楽しめる

子連れの定番ランチは芝生でピクニックですが、お店で一息ついて食べたいよ〜という方におすすめなのが園内にある「エコトコファーマーズカフェ」。

店内はおしゃれな雰囲気で、地元所沢や埼玉の野菜などの素材を生かしたメニューが揃っています。
オムライスやスパゲッティ、カレーなど注文してから調理するものから、ハンバーガーなどの軽食、お子様ランチやパウンドケーキ、アイスクリームや各種ドリンクなど、しっかりご飯を食べたい人も軽く飲み物やおやつをテイクアウトしたい人のニーズにも答えてくれます。

以前入った時にはパスタを注文しました。美味しかった〜。

さらにありがたいのが、キッズスペースを備えていること。


絵本やおもちゃが置いてるので、子どもをあそばせながらランチすることができます。

休日のランチは混みますので、早めに向かわれるといいと思います。

ホームページはこちら

春は桜、夏は川遊び、秋は紅葉、冬は落ち葉で四季を体感できる

川遊びが特におすすめの航空記念公園ですが、年間を通して四季を感じられそうです。

春は桜が公園の色んな場所で咲きます。タンポポやシロツメクサ、季節のお花がたくさん咲きます。
夏は緑と川遊びが満喫でき、秋になるとイチョウが紅葉します。
冬は寒いですが、カサカサ鳴る落ち葉を踏んだり、晴れの日の澄み切った青空の下で駆け巡るのは気持ちいいものです。

幼少期の自然体験や外遊びは五感の発達を促してくれるそうです。
航空公園であれば、行く度に違う景色が見られそうですね。

大きい池もあり、鴨が泳いでました。

以上が航空公園の見所紹介でした。続いて基本情報を紹介します。

所沢航空記念公園基本情報

所沢航空記念公園とは?

開園時間 24時間
定休日 なし(航空発祥記念館は別)
住所 〒359-0042 埼玉県所沢市並木1-13
電話番号 04-2998-4388(8:30~17:00)
最寄駅 西武新宿線航空公園駅

※公園入り口まではすぐですが、子どもの広場や川までは距離があります。

駐車場 合計580台(4箇所)

2時間まで無料、その後1時間ごと100円

料金 無料(航空発祥記念館内の展示や映画は有料)

アクセスと駐車場情報

《車で行く場合》
*駐車場について

駐車場は南、東、北、記念館横の4箇所あります。

そのうち、こどもの広場や川に一番近いのが南駐車場です。
休日でも朝10時くらいに行って全部埋まっていたことはないですが、お天気のいい休日の日中は常に入庫待ちの車がいます。

記念館横の駐車場も人気で、こちらはすぐに埋まってしまいます。

東、北駐車場は、上記2つに比べると止められる台数も多く空いている確率が高いです(その分遊び場から遠い)。

南や記念館横の駐車場が埋まっていたら移動してももちろんいいですが、混んでそうな日、時間帯であれば最初から北や東の駐車場を目指してもいいかもしれません。

《電車でいく場合》
航空公園駅から公園の入り口までは比較的近いですが、到着するのは記念館のある広場側です。
遊具や川のある方までは、ここの広場をずーと抜けて歩いていきますのでご注意ください。

行ってわかった子連れ所沢航空記念公園

おすすめ持ち物リスト(夏に川遊びする場合)

  • 水着:洋服のまま遊んでる子も、パンツやおむつ1枚で遊んでいる子もいますので、なくても大丈夫です。川は浅いので、ある程度大きい子であれば足だけ付かることもできると思います。
  • 水遊びパンツ:規則がある訳ではないので各家庭判断です。普通のおむつの子もたくさんいます。ただし水を吸って重そうですので、持って行ってもいいと思います。
  • 着替え:多めの着替え必須です。特に水着を持たない場合は、普段より2〜3枚は多く持っていきましょう。なんせ未就園児の場合、1回遊んで着替えて遊具で遊んだ後にまた入りたがることがよくあります。
    さらに砂場で遊んで泥んこ、走り回って汗だく等あるで、多めに越したことありません。
    おむつの外れている子はパンツの替えも忘れずに。
  • サンダル:川の底はコンクリートで歩きやすいですが、石が転がっていたり、下流には砂利が溜まっていたりして痛い所もあります。怪我をしたらもちろん大変ですし、遊びに集中する為にも水の中を歩けるサンダルがあるといいです。
    そして、できれば大人もビーチサンダルがあると、子どもが移動したりおもちゃを川に流してしまったりしても、すぐに追いかけられます。
  • ビニール袋(多めに):濡れた服やサンダル、おもちゃやおむつのゴミなど公園にはビニール袋が多いと重宝します。
  • タオル:濡れた足や身体を拭けるように小さくてもいいので用意しましょう。
    ただし、更衣室がないので、大きい女の子であればお着替え用にボタン付きのプール用タオルがあってもいいと思います。
  • 虫除けスプレー、虫刺されの薬:なるべく刺されないように、刺されてしまったらすぐに対処できるように。
  • 日よけ対策(日焼けどめ、帽子):航空公園は木もたくさんありますが、子どもの広場や川のほとんどは日なたです。ラッシュガー
    ドなんかもいいと思います。
  • レジャーシート:川から上がった子供を着替えさせるのに、芝生や土の上だと汚れるのであると便利です。もちろんお昼のピクニックや荷物置き場にもできます。
  • (あれば)テント:川遊びエリアには特に更衣室などはありません。ある程度大きいお子様だと着替えを恥ずかしがってしまうかもしれません。簡易テントがあれば日よけやお昼寝もしやすいです。休日の航空公園は簡易テントだらけでした。
  • 飲み物:自動販売機もありますが、公園は広く、子連れだと自動販売機を探したり買いに行くのもめんどくさかったりするので持参がおすすめです。
  • お弁当:子供の遊び場近くには売店はありません。
    休日であれば、唐揚げやかき氷などのキッチンカーが出没したりしますが、その程度です。
    ピクニックの予定であれば、お弁当の持参が基本です。
    川や遊具のある場所から少し歩きますが、航空発祥記念館のエコトコファーマーズカフェに行けば、店内でのランチやハンバーガーなどが購入できますが、並ぶ可能性もあることを心しておきましょう。
    ちなみに電車の場合には、航空公園駅内にスーパーやパン屋、とんかつ屋さん、駅前にファミマがあるのでそちらでお昼の調達が可能です。
  • (赤ちゃん連れ)授乳ケープ:授乳室は航空記念館に1箇所のみです。広い公園で移動も大変なので、ケープがあると便利です。
  • (赤ちゃん連れ)抱っこ紐:こどもの広場は土や木の根っこなどでベビーカーだと移動しづらい為、上の子を一人で追いかけなくては行けない方は、抱っこ紐があったほうがいいです。
  • 遊ぶおもちゃ(水遊び用):空のペットボトルやジョウロ、ミニバケツなどちょっとあると、川遊びの幅が広がります。
  • 遊ぶおもちゃ(水遊び用以外):お砂場セット、ボール、ストライダー、バドミントンなど公園で遊びたいものがあれば持っていきましょう。

他、普段のお出かけに持って行く荷物でいいと思います。
どうしても子連れ公園でさらに水遊びですと荷物が多めになってしまいますね。
電車の場合には、ベビーカーを荷物置きにしたり、お子様に上手く持たせたりしてなるべく負担を減らしましょう。

服装の注意点は?

大人も子供も動きやすい服装、靴が基本です。

夏場は川に足だけつかれるように、大人も短パンやまくりやすいズボンがいいと思います。

私は日焼けしたくないので、夏でも薄手の長袖か、半袖とアームカバーです。

逆に冬は防寒対策を徹底して遊びにいきましょう。

授乳室はあるの?

航空発祥記念館内、入って左手にあります。
調乳用のお湯はないようです。
また1室しかなく、公園は広くて離れているときは記念館までの移動も大変なので、授乳ケープはあるといいと思います。

おむつ替えシートや子供用トイレは?

おむつ替えシートは航空発祥記念館内のトイレや、こども広場の近くの多目的トイレにあります。

子供用トイレはありません。

ちなみに航空発祥記念館内のトイレは屋内トイレで綺麗ですので、私はいつもなるべくこちらを使っています。
(毎回は行けませんが、近づいたらとりあえず酔ってます。)

入場料はかかるの?

公園は無料です。ただし、航空発祥記念館内の展示や映画を見る場合には有料になります。

ベビーカーは利用可能?

駅からも駐車場からも、コンクリートの整備した道路がしっかりありますので、公園内の移動はベビーカーで問題ありません。
こどもの広場などは芝生や土、坂道もあり移動しづらいので、遊んでいる間は大体どこかに置いて置きます。

したがって、親1人で赤ちゃん連れで上の子を遊ばせる場合には、抱っこ紐があるといいです。

混雑状況は?

平日は保育園児や遠足の幼稚園児さん、未就園児が中心でそこまで混雑しません。

一方、公園日和の休日は、家族連れはもちろん、年齢問わずたくさんの人で賑わいます。

公園自体はとても広いので、いくら人が集まっても問題なく遊べますが、駐車場は混雑します(詳しくはアクセスと駐車場情報をご参照ください)。

可能な方は朝早めにいきましょう。

ちなみに航空公園の特に混雑が予想されるのは、お天気のいい休日、市民フェスティバルなどイベントの日、花見シーズン、GW、紅葉シーズンなどです。冬場はそこまで混むことはないと思います。

何歳から楽しめる?

川や遊具、飛行機の展示など充実の航空公園ですが、赤ちゃんにも十分おすすめです。

広々した芝生がいっぱいですので、ゴロゴロ日向ぼっこしながらパパママはピクニックを楽しめます。

1歳以降は間違いなく楽しめます。

所要時間は?

入場料無しの公園ですので、午前のみ、午後のみ、終日とご都合に合わせて楽しむことができます。
我が家は大体午前から行ってランチを挟み、疲れ果てる15時くらいに退散しています。

レストランや休憩スペースはあるの?

レストランは、見所の項目で紹介したエコトコファーマーズカフェの他、隣接するミューズという市民文化センター施設内にも2つあります。
他、屋内休憩スペースやお弁当を広げる椅子とテーブルのあるような場所はありませんが、公園内にはたくさんベンチもありますのでそちらでお弁当を食べてる人はいます。

まとめ

無料で一日思いっきり遊べる所沢航空記念公園は、子連れで何度もリピートしたくなります。

本記事が少しでも参考になれば嬉しいです。