西武ゆうえんちハローキティのウォーターパークで2歳と水遊び!夏のプールデビューにもおすすめ!

埼玉県所沢市にある西武ゆうえんち。

夏は大型プールや花火も開催され、毎年盛り上がっています。

その中に、夏限定で小さい子どもを対象とした「ハローキティのウォーターパーク」というプールエリアがあります。

公式ホームページ⇨https://www.seibu-leisure.co.jp/guide/waterpark/index.html

上の子が2歳5ヶ月の時にいきなり大型プールに行くのが不安でしたので、友人に勧められたこちらのプールに行ってみました。

結果大満足でしたので、当日の様子をご紹介します。

西武ゆうえんちハローキティのウォーターパークの見所ご紹介!

小さい子が足をついて遊べる楽しいプール

プールは大型と中型の二つありますが、どちらも水深は40cmでお子様が歩いて遊ぶことができます。


小さいうちは、水遊びは好きだけど足がつかないと怖い子もいるようです(我が家の現在1歳の下の子がそうです。)。

その点ハローキティのウォーターパークは、足は底につくけど、浮き輪でもバチャバチャしてみたいなんて子にはまさにぴったりです。


広さも、広すぎず狭すぎずで、遊ぶにはちょうどいい印象。

そしてキティちゃんとカラフルな色合いが楽しい気持ちにさせてくれました。

滑り台やボールプールなど、子どもが好きな工夫がいっぱい!2019年は新アトラクションも登場!

プールには高さ8mのスライダーがあります
2歳児は怖がってやりませんでしたが、幼稚園くらいの子が楽しそうに何度も滑っていました。

またボールが浮かんでる小さいプールがあったり、歩くと地面から水が出てくるエリアもありました。

さらに、2019年には水が飛び出る迷路とリングでできたトンネルの2つのアトラクションが新登場するようです。

最初はプールに入るのが怖い子も、こういう場所で少しずつお水に慣れることができます。

珍しいバブルプールで泡まみれ

2歳の娘が一番はまっていたのが、バブルプール。

テントのような場所に入ると、なんと上から大量の泡が降ってきます!!
()

降ってきた泡でしばらく遊び、泡が消えてくると、また追加の泡が降ってきます!!

係の人が管理してるんですが、結構な量を毎回降らせてくれました。

子供ってなぜか泡が大好きじゃないですか?

家ではハンドソープを泡だらけにして怒られる我が子は、この日は思いっきり泡遊びができて嬉しそうでした。

大人は水着じゃなくてもいいので気軽に行きやすい!

ハローキティのウォーターパークはプールが浅いので、足だけ浸かるのであれば水着を着なくていいのです。
短パンやズボンをまくればいいとのこと。

2歳だと一緒に入ろうと言ったり何があるかわからないと思い、服の下に水着は着て行ったのですが、実際に水着姿になることはなかったです。
ただ、水に入らないと親は暑いので、どちらがいいかはその人次第です。

ちょっと水遊びしたい、産後の体型で水着姿は恥ずかしい、着替えがめんどくさい等あれば、水着なしもおすすめです!

西武ゆうえんちハローキティのウォーターパーク基本情報

営業時間や営業日など基本情報

営業期間 2019年7月6日(土)~9月8日(日)
休園日 7月10日(水)、11日(木)、9月4日(水)、5日(木)
開園時間 9:00~17:00
場所 西武ゆうえんちハローキティメルヘンタウン内
住所 埼玉県所沢市山口2964
電話番号 (04)2922-1371
最寄駅 l  西武新宿線 西武多摩湖線「西武遊園地」駅前

l  西武池袋線「遊園地西」駅前または「西武遊園地」駅前
*「西武遊園地」駅は階段があるとのことで、ベビーカーの方は「遊園地西」駅がおすすめです!

駐車場 1,500円(土日6:00〜9:00まで500円)

アクセス

注意点は、電車も車も、車イスやベビーカーをご利用の方は、西口がおすすめです。
西武遊園地駅は、遊園地までの間に階段があるとのことです。

電車の場合には「遊園地西」駅、車の場合には「西口駐車場」を利用しましょう。
*西となってますが、遊園地のエントランスはすぐ近くです。

ハローキティのウォーターパーク料金

西武ゆうえんちの料金体系は色々あり、ちょっと複雑です。

まずハローキティウォーターパークの料金

  • ハローキティーウォーターパーク料金
おとな
(中学生以上)
シニア
(60才以上)
こども
(3才~小学生)
一般

(入園券のみお持ちの方)

 

600 円

 

1,000円

メルヘンタウンチケットをお持ちの方 一律100円
プール券をお持ちの方 一律200円
夏の1日券や各種フリーパスをお持ちの方 無料
      • 注意したいのが、ハローキティのウォーターパーク料金には、遊園地の入園料が含まれておらず、別途購入が必要
      です。

 

    そして、メルヘンタウン自体の料金は一律1,100円になります。
  • ゆうえんち入園料
おとな
(中学生以上)
シニア
(60才以上)
こども
(3才~小学生)
遊園地入園料(入園のみ) 1,200円 600円
  • メルヘンタウンチケット
メルヘンタウンチケット
(メルヘンタウン内6アトラクション乗り放題)
一律1,100円
    • ここまででは、入園料のみ購入してウォーターパークの入場料を追加、あるいはメルヘンタウンチケット+100円を追加してウォーターパークとメルヘンタウンの乗り物で遊ぶという選択肢があります。

 

    続いて、西武ゆうえんちのメインプール料金です。大きいプールも行ってみたい人は、下記もご検討ください。

  • 西武ゆうえんちプール料金
おとな
(中学生以上)
シニア
(60才以上)
こども
(3才~小学生)
夏の1日券

(ゆうえんち入園+アトラクション乗り放題+プール入場+ハローキティのウォーターパーク)

 

3,500円

 

2,500円

プール入場券(プール入場+ゆうえんち入園) 2,500円 1,500円
ナイトプール入場券(プール入場+ゆうえんち入園)16:00以降販売 2,200円 1,200円

私は検討した結果、入園料1,200円+メルヘンタウンチケット1,100円+ウォーターパーク入場100円の合計2,400円のプランに決めました。
子供は2歳でしたのでタダです。

当日は、友達親子と行きましたが、午前にハローキティのウォーターパーク、ランチをして午後にメルヘンタウンの乗り物ちょっと乗って帰りました。

一日の充実度、親子の体力的にも十分でした。

パパママ一緒に行って、子供は途中お昼寝もして、とにかく朝から晩まで遊ぼう!という方には夏の一日券がお得ですが、ちょっと遊ぼうという未就園児連れにはウォーターパーク+メルヘンタウンのコースはおすすめです!

行ってわかった子連れハローキティのウォーターパーク

子連れプール持ち物リスト

  • 水着
  • 着替え(女の子ならワンピースが着替えやすいです。)
  • タオル(ボタン付きだと、さっと子供にかけられたり、水着でランチを食べる場合にもはおれたり便利です。)
  • 水遊び用おむつ(購入可)
  • 日焼け止め
  • 帽子
  • ラッシュガード
  • サンダル(地面がとても熱いです)
  • 飲み物(現地でも購入可ですが、子供用にアクアライトや麦茶などを多めに持って行くと安心です。)
  • 浮き輪(メインプールまで行かないと空気入れがなかったので、ハローキティのウォーターパークのみ利用の方は自宅から膨らませて行くか、ポンプの空気入れを持っていくといいです)
  • ビニール袋(濡れたもの入れたり多めがいい)
  • レジャーシート
  • テント(メインプールも利用する場合にあれば。メインプールは日陰もありますが、人気でほとんど埋まってしまいます。ハローキティのウォーターパーク内は使用不可です。)
  • 防水貴重品入れ(水着のままランチをする予定がある場合等、少し現金を持っているといちいちロッカーに財布を取りに行かなくてもいいので便利です。メインプールに行く場合、売店がある場所とコインロッカーは少し距離があります。)
  • 防水スマホケース(あると写真が取れます。)
  • 他いつものお出かけグッズ

着替える場所はあるの?

ウォーターパーク入り口に着替え用テントがありました。
しかし、この中、空気の入れ替え口とかなくて、とっても暑かったです。
遊園地のメインプールと併用する場合には、広い更衣室があるので、そちらで着替えてからハローキティーウォーターパークに移動してもいいかもしれません。
ちなみにママが水着を着ていく場合には、自宅から洋服の下に着て行くと、着替えが簡単です。

日陰はあるの?

ハローキティのウォーターパーク内の無料エリアに日陰はありません。
また、簡易テントの持ち込みも禁止されてます。

パラソル付きの有料休憩席がありますので、一日いるという方は利用してもいいかもしれません。
(結構いい値段ですが。)

授乳室はあるの?おむつ替えシートは?

隣接するメルヘンスナック横に授乳室があり、授乳スペース、ベビーベッド、浄水器(冷水・温水)があります。

また、ウォーターパークからは離れていますが、ジャイロタワー乗り場前には「赤ちゃん休憩所」があり、授乳室やおむつ替えシートはもちろん、靴を脱いでおもちゃで遊べるスペースもあります。
暑くて子供が疲れてそうでしたら、こちらでお休みするのもおすすめです。

ベビーカーは利用可能?

ベビーカーは置くスペースがあります。

混雑状況は?

私が行ったのが平日で、暑いプール日和でしたが空いてました。
ただし、その後休日にメインプールのみ行った日(ハローキティーのウォーターパークはその日は行っていません)は、10時頃に着いたらすでにプール近くの駐車場は埋まってたり、日陰のレジャシートを敷くエリアは埋まっていたりで大盛況でした。
おそらくこの日はこちらも混雑してたと思います。

何歳から楽しめる?

0歳のおすわり赤ちゃんでも、抱っこでプールに入ったり、ちょっとお水に触れたりできるかもしれませんが、あんよのできる1歳以降のお子様が本格的に楽しめるかなと思います。

とにかく水は目を離さないように注意しなくてはいけないので、大人の人数が多ければ、例えば上の子と一緒に赤ちゃんを連れて行っても遊べるかもしれません。

所要時間は?

私は当日11時頃に駅に着いて、遊んで着替えを終えたのが13時前でした。
実質プールで遊んでいた時間は1時間半くらいだと思いますが、2歳(友達の子供は1歳)も満足した様子でした。
もう少し大きい幼稚園さんくらいでしたら、ずっと朝臣られそうです。

レストランや休憩スペースはあるの?

ウォーターパークの近くには、メルヘンスナックという軽食のお店がありました。
しかし、メルヘンタウン、とにかく日陰がなく真夏は暑いです。日陰は有料だし。

私たちは暑いし疲れたし、プールは午前でおしまいでしたので、ハローキティーのウォーターパークを離れてジンギスカンのお店に行きました。
ご飯やアイスが食べ放題で、ジンギスカンも美味しくて、何よりお店が広々していてとても快適でした。

こちらは屋外でクーラーの中ではないですが、直射日光がないだけでだいぶ涼しく感じました。

屋内レストランがよければ、モンヴェールといレストランもあります。

また、メインプールの方にはたくさんの屋台が出ますので、一日プールコースであればそちらで水着のまま食べるのがいいと思います。

まとめ

以上、西武ゆうえんちの中でも未就園児向けの楽しいプール、ハローキティのウォーターパークのご紹介でした。

本記事が少しでも参考になれば嬉しいです。